「デコルテより上は顔」スキンケアは顔だけじゃなかった!

日曜日のお昼、テレビをつけると「ニノさん」をやっていました。基本的にテレビを見るのはご飯を食べるときだけで、平日は朝ドラと「やすらぎの郷」の録画を見ることにしているので、昼の番組を見るのは日曜日だけ。時間によって「ウチくる!?」だったり、「ニノさん」だったり、「さまぁ~ずの神ギ問」だったりするわけですが、見るかどうかはゲストと内容によるところが大きいですね。以前は「東京マガジン」を良く見ていましたが、最近は「KinKi Kidsのブンブブーン」も結構好き。こんな風に見ると、なんとなく出演者の素の部分が見えるような「自然体」の番組を選んでいるんだなと言うことが良く分かります。

先週の日曜日はたまたま「ニノさん」の時間帯で、富士真奈美さんがゲストだったので、見てしまいました。富士真奈美さんと言えば、先日の「やすらぎの郷」でインパクトのある役をやっておられましたが、お若い頃は超がつくほどの美人さんだったんですね~ もちろん、今も年齢を考えたら信じられないくらいお綺麗ですが、当時の美人と言うのはスケールが違うと思ったりします。

富士真奈美さんは若い頃、仕事と遊びに忙しく、顔を洗う暇もないほどたったとか。でも、そんな中で先輩俳優 若原雅夫さんに「胸から上を顔と思え」と言われ、デコルテのケアはやっていたそう。「年齢は手の甲と首に出る」と言われるので、なるほど首筋が美しいと若く見えますよね。

スキンケアの際、化粧品をデコルテまで擦り込む、と言うのはよく言われることですが、IKKOさんはさらに進んでワキまでケアするそうです。これを聞いて思い出したのが、「保湿はワキの臭いケアにも効果的」と言うこと。ワキまで保湿する人は少ないと思いますが、実は、ワキが乾燥すると皮脂が過剰分泌されて、臭いがきつくなる原因になるんだそうです。

冬は全身が乾燥するのでボディクリームを塗っていましたが、夏は顔の保湿しかやってなかったので、「やっぱりワキも保湿しないとね~」と思っているところです。最近、左のワキにシミのような黒ずみができているのを発見したので、尚更。ムダ毛処理のやり方も見直す必要があるのかも知れません。

「美魔女」と言う言葉があるように、最近はいつまでも若々しくてキレイな女性が増えています。ただ、個人的には「美魔女」ブームにはやや疑問を感じます。年齢を重ねた大人の女性には若さ以上の魅力があるはずで、「若作り」はいかがなものかと思うんだけど…

もちろん、若いファッションも似合っていれば全然いいわけですが、そうでなければむしろ「痛い」感じがしてしまいます。ただ、私も含めてですが、最近は年を取ったからと言って「おばさんスタイル」はしませんよね?とは言え、体型は確実に変化しているので、太ったわけでもないのに、これまで来ていた洋服のお腹周りがきつくなる、と言ったことはあります。

最近、たるんで来たお腹が気になっているのですが、妹は「もういいじゃん?太っても」と言っていました。妹によれば、筋肉の衰えで代謝が落ちているのが原因なので、ダイエットするとさらに痩せにくい体になるんだそうです。

もともと、運動は超苦手なので、今更筋肉をつけると言っても… ただ、家で仕事をしているのでこれまで以上に動かなくなっており、このままではまずいとも思っています。

今後はほんのちょっとだけ体を動かすことを意識して、「ワキから上のケア」を心がけたいと思います。

コメントは受け付けていません。