中華最強説

姪っ子は中華が大好きです。青椒肉絲のようなはっきりした味のものや麻婆豆腐・ナスなどピリ辛のものはもちろん、塩炒めなどもよく食べます。サラダにも市販のドレッシングは使わず、ポン酢に酢、みりん、ごま油とラー油を混ぜたものがお気に入り。肉と言えば鶏肉とひき肉で、炒め物をすると野菜ばかりつまんでいます。姪っ子曰く「中華最強説」なんだそうです。

本格的な中華料理を作るには、調味料が欠かせません。でも、たくさん種類を揃えても、結局はそれほど使わず残ってしまうということもありがちです。そんな中、今、我が家で毎日のように使っている調味料があります。ひとつは中華の定番調味料で今や多くのご家庭に常備されているオイスターソース、イタリアンにも重宝な桃屋のきざみにんにく、そして比較的最近発売された香味ペーストです。

間違いない味!「オイスターソース」

炒め物の最後にひと回しするだけで本格中華が完成するオイスターソース。我が家ではごま油、にんにくでいためた後、酒・醤油・オイスターソースの順で味付けしています。調味料はだいたい同割りといったところ。具材は豚肉ときのこが定番ですが、木綿豆腐をごま油でこんがり焼きつけてから、牛肉や豚肉ときのこと一緒に炒めたものも好評です。

なんにでも合う!桃屋「きざみにんにく」

イタリアンや中華に欠かせないにんにくですが、忙しいときに刻むのは結構負担なもの。まな板と手の臭いも気になります。そんなとき重宝なのが桃屋「きざみにんにく」。にんにくを刻んでオイルや唐辛子と一緒につけたもので、イタリアンから中華まで大活躍。餃子に入れるのにも便利です。同じシリーズで「きざみしょうが」もあります。

生のにんにくに比べ香りはやや劣るもののマイルドで食べやすく、姪っ子は炒め物の中からにんにくを探して食べるほどです。ごま油はもちろんオリーブオイルにもよく合います。パスタにも便利です。

中華の万能調味料「香味ペースト」

Hey! Say! JUMP山田くんのCMでおなじみの香味ペースト。当時ファンだった姪っ子の希望で購入したのですが、これがおいしい!私自身はこれまで中華の炒め物をするときは同じく味の素の「中華味」か顆粒タイプの鶏ガラスープを使っていましたが、香味ペーストはチューブタイプで使いやすく、これ1本で味が決まるので自宅でお店の味が実現できます。チャーハンや野菜炒めはもちろん、醤油で仕上げた焼うどんもおいしいです。

最近、特に好評なのが「青菜炒め」。ごま油ときざみにんにくで炒めてから、香味ペーストを回し入れればできあがりです。青梗菜や小松菜はもちろん、レタスもおいしいですよ。本当に中華って最強ですね。

コメントは受け付けていません。