ハンバーグの冷凍は「焼いてから」

以前は近所にスーパーがあったのですが、撤退した後は買い物難民に近い状態です。立ち退いた後には、近所の(たぶん)お年寄りたちの要望を受けてホームセンターが入り、農家さんが持ち寄ったお野菜とちょっとした食料品を売るお店になっています。

当初は日用品も売っていたのですが、現在は食料品のみ。お野菜は新鮮でおいしいのですが季節のものしかなく、お肉はたまに鶏肉が入る程度で基本は豚肉のみとかなり限定されているのですが、それでも私のように車の運転ができない者にとっては大助かり。お年寄りが多いので、仏壇用のお花を売っていたり、週に(たぶん)1度のお魚の日があったりと、地域密着スタイルで頑張っています。

普段は近所のお店でまかない、月に1~2度は自転車で少し離れたスーパーに買い出しに行くのですが、お肉などはどうしても冷凍になってしまいます。

これまでは、お肉は使う分量に小分けして生のまま冷凍していましたが、急に使いたい時など、レンジで解凍すると何となく味が落ちる気がして…

なので、最近はもっぱら豚のスライスばかり。鶏肉を使うときはあらかじめ冷蔵庫で戻すなど工夫していました。

ハンバーグなどは生のまま冷凍すると、解凍するだけで味が落ちてしまうので敬遠したのですが、「焼いてから冷凍すればそれほど味が落ちない」と言うことを聞き、やってみたところホントにおいしい!

以来、ハンバーグを作るときは大量に作り、ひとつずつラップでくるんでからファスナー付きのポリ袋に入れて冷凍しています。食べるときはチンするだけだから簡単だし、忙しい時でもハンバーグが食べられるのはうれしいですね。

最近はハンバーグを作るとき、半分をロールキャベツにすることもあります。ロールキャベツは「汁ごと冷凍」するのがポイント。これは、以前グルメサイトの仕事をしていた時知ったのですが、汁ごとチンするだけでいいので楽ちん。こちらもおすすめです。

餃子なんかは生のまま、くっつかないように広げて冷凍し、そのあとジップロックで保存しておけば大丈夫。食べるときは凍ったまま焼き餃子にしたり、味付けした鶏ガラスープに入れてスープ餃子、キムチ鍋に入れたりとかなり「使え」ます。自家製冷凍食品は本当に便利ですよ。

コロッケも揚げてから冷凍できるみたいだけど、こちらはまだ試してないです。冷凍コロッケって意外に上手に揚げるのが難しいですよね。揚げたのをチンするだけなら失敗はないけど、カリッと感はなくなる気もしますね。

コロッケも少しだけ作るのが難しいので、作るときは大量に作って、朝はコロッケパン、昼はコロッケそば、夜もまたコロッケみたいな感じで2日くらい「コロッケざんまい」しちゃいます。レンジで少し温めてから最後はトースターで仕上げればカリッと感も楽しめて、「最後は焼く」と言うのが我が家の定番です。

唐揚げも少量のときは「揚げ焼き」ですが、本気で(?)揚げる場合は大量に作り、残ったら

  • トースターで焼いて食べる
  • ネギソースなどで目先を変える
  • 南蛮漬けにする

などしています。ここ最近のお気に入りはネギソース。ネギソースを食べたいがために唐揚げを作るほど気に入ってます。

>>ネギソースはこちらのレシピで作っています。

実は昨日も唐揚げを作ったのですが、「揚げた唐揚げを冷凍したら?」と思い、冷凍してみました。だって、冷凍の唐揚げって確か揚げた状態ですよね?

調べてみると、唐揚げは「揚げてから冷凍した方がおいしい」と言う意見もあったので、ちょっと楽しみ。「食べる分量に分けてラップにくるむ」とあったけど、食べる分量はその日の気分なので、ひとつずつ包んでからジップロックに入れて冷凍庫へ。一度食べてみておいしかったら、これからは定番にしようと企んでいます。

料理は大好きですが、忙しい時にはやっぱり苦になるときもあります。ただ、買い物に行くのはさらに面倒なので、「あるもので食べよう!」となるのですが、冷凍庫にいろいろ入っていれば惨めな気分にならずにすむし、なんたって「手作り」ですから!冷凍だけど…

と言うわけで、最近は自家製冷凍食品づくりにハマっています。冷凍唐揚げを食べてみるのが楽しみです^^

コメントは受け付けていません。